7つのポイント
POINT

電機事業について

発電所から送り出される27万5000Vや50万Vもの電気を、家庭や店舗、工場で利用できる100~200Vの電圧にするため、電力の経路である変電所や電柱、そしてさまざまな機器の中に変圧器が必要となります。変圧器は安定的な需要があり、誰もが知っている大手電機メーカー各社もその開発・生産を行っています。
そのような業界の中、当社の親会社である愛知電機は、中部電力のグループ企業として電力会社向けや産業向けの変圧器を提供しています。そして、私たち岐阜愛知電機のメーカー部門である電機事業部の売上のうち、約75%が愛知電機のOEM製品。つまり、親会社の競争力を当社の製品によってサポートしています。
電気設備工事を行う電設事業部との連携により現場からのフィードバックを製品に反映できることと、この企業規模では珍しく「油入」「乾式」「樹脂」という3つの絶縁方式の製品を生産できる技術力も大きな強み。それらを活かし、「何でもできる変圧器メーカー」をめざします。

電設事業について

当社の電気設備工事部門の事業エリアは、愛知、岐阜、三重、静岡などの東海エリアです。これまで、中部電力の協力会社としての発変電所工事をはじめ、工場や学校、マンションなどの大規模な建築物の工事を多数手がけてきました。そのような中で当社は、中部電力向けの工事と、一般のお客様向け工事の売上比率がおよそ1:1と、どちらも同程度に豊富な実績があります。また、中部電力向け工事では変電所のほかにダムの管理制御システムなど、多様な工事にお応えできる技術と柔軟性があります。
お客様が用意された施工図面に対して提案を行ったり、打合せを実施した上で現場調査まで行い、図面等を作成するなど、「現場責任者がきちんとコミュニケーションを取り、要求に応えてくれる」とお客様からも高い評価をいただいています。また、メーカー部門を有していることで、製品づくりから設置まで見据えた質の高いサービスを提供できることも強み。今後も地域に根づいた存在として、電力を確実にお届けしていきます。

ページの上部へ