社員メッセージ
社員メッセージ

「お客様窓口」として、
確実に製品ニーズに お応えする。

受注から納品まで
責任を持って。

当社の営業は売り込む仕事ではなく、どちらかというと「お客様窓口」と言った方がわかりやすいでしょう。大部分の時間は内勤で、お客様とのやりとりはおもに電話。やりとりするお客様は、たまに商社もありますが、ほとんどは当社がOEM製品を供給する親会社の愛知電機です。多いときで1日20~30件もの見積の相談が寄せられ、単純なものなら自分で回答し、標準品とは違う仕様のものがあれば、設計に相談して概算見積を出してもらいます。受注後は社内システムに入力すると、各部署に情報が共有され生産手配完了。製品が完成すれば、梱包・出荷と集金を行います。このように、お客様との接点として受注から納品まで責任を持つのが営業の役割です。

社内各部署やお客様と、
関係を築く。

今のところの私の目標は、もっと社内の業務の流れを把握し、受注から納品までがスムーズにいくようにすることです。そのためにも、生産や試験の現場を見に行き業務の流れを理解するようにしています。やりがいを感じるのは、緊急度の高い案件が、社内の連携によってスムーズに行ったときですね。上司や先輩にも相談しながら、誰に何を根回しすればいいかを自分で考えてやってみた結果、お客様の要求に応えることができました。また、お客様とは顔が見えない電話のやりとりが多いのですが、最近は世間話もできるまでに距離を縮められて、飲み会に誘っていただきました。これからはもっと社外にも出て、既存のお客様の訪問や新規開拓の機会も増やしていくつもりです。

営業グループ
日比野 圭亮
2014年入社
愛知工業大学
工学部 電気工学科 卒業
ページの上部へ