社員メッセージ
社員メッセージ

東海地方の人たちが安心して電気を使えるように
変電所の配電設備を新しい機種に更新する。

高機能・省スペースの
配電盤に交換。

中部電力の変電所内にある機器類や配電盤を、高機能・省スペースの新機種に交換する工事を担当しています。発電所や変電所のように、普通ではなかなか入ることができない場所に入って工事をするので、初めて変電所内に入った時は様々な機器や配電盤が何台も並んでいて、「どうなっているのだろう?」とワクワクしました。仕事は、配電盤の取り替え→配電盤と変圧器をつなぐケーブルの取り替え→試験器を使い、故障時に配電盤が正常に動作するかの確認…といった順番で進めます。今は、試験回路の作成も任されるようになりました。ミスをして停電を引き起こせば多くの人に迷惑をかけてしまいます。最悪の場合は人の命に関わることさえあります。ですから、先輩から「急ぐ必要はないから、ミスの無いように一つひとつ正確に作業をしろ」と言われており、安全を第一に考えて、常に細心の注意を払いながら作業を行うように心がけています。

資格を取って、
先輩に追い付き、
追い越したい。

現在は、試験回路の作成やケーブルの配線など、先輩の仕事をお手伝いしながら、仕事を覚えている段階です。まず私にできることから始めて、できる範囲がずいぶん広がってきました。岐阜愛知電機では大卒で入社した後3年間は研修期間と位置付けて、4年目から現場責任者として、一つの現場を任されます。先輩は「見て覚えろ」ではなく、私のことをきちんと見ていて、「こういう時はこうするといい」と、分かりやすく説明してくださいます。どんなことを聞いても的確な答えが返ってくるので、尊敬しています。私も現場責任者として第一線に出た時には、先輩のようになるのが目標です。電気のことをもっと勉強して、経験を積み、電気工事施工管理技士などの資格も取りたいと考えています。知識も、技術も、経験も、資格も身に付け、早く先輩に追い付き、追い越せるように成長していきたいですね。

電力グループ
原 崇宏
2018年入社
中部大学 工学部
電気システム工学科 卒業
ページの上部へ