社員メッセージ
社員メッセージ

モータに照明、コンセント。
お客様が使う場所まで電気を届ける。

現場ごとに最適な電気設備や
配線ルートを提案。

私が担当する電気設備工事の現場は、おもに製造業のお客様の工場です。動力用のモータやLED照明器具、コンセントなど、お客様が使用したい場所で電気を使えるよう配線を行います。どこで何を使いたいかという図面はお客様と打合せをし、配線ルートを提案して、自分で描きます。現場の状況は1件ごとに違い、たとえば新築工場の現場では、建築業者をはじめ他の設備業者との工程調整や配管等の空間の取り合いが重ならないように検討しなければなりません。監督を務める先輩の下で学びながら、教えてもらって終わりではなくもっといい方法はないか考え、監督としての独り立ちをめざしています。

知識が増え提案の幅が
広がる成長感。

私の現状は数カ月ほどかかる新築の現場もありますが、ほとんどの場合は既設工場に電気設備を更新・増設する工事で、工期も数日~1週間程度と短期間です。次々と新しい現場を経験できるし、自分のイメージ通りに現場ができあがるとうれしいものです。とはいえ、今はまだ覚えることの方が多い段階。他の設備の配管を避けるためケーブルを迂回させる方法のアイデアに行き詰まったときは、先輩に相談して可動式の金具を使う方法を教えてもらいました。カタログでは見たことがあっても、どう使うのかわからない材料ばかり。聞いただけではイメージできないことも、完成した現場を見て「こういうことだったんだ!」と納得しながら、知識が増えていく面白さを味わっています。

電設グループ
山田 浩平
2016年入社
名城大学
都市情報学部
都市情報学科 卒業
ページの上部へ